性同一性障害の様々な問題を専門医と一緒に解決していきましょう
  • line@
  • ツイッター
  • フェイスブック
  • アップ

プレマリン(mtf)

プレマリンとは、女性ホルモンの 卵胞ホルモンを補うお薬。

一般的にどんな場合に使用するお薬?

プレマリンは、閉経に伴い急速に低下した女性ホルモンを補うことで、更年期障害により生ずる諸症状を緩和するお薬です。
骨量増加、骨折予防効果が世界に認めらている唯一の女性ホルモン。

一般的な副作用

血栓症に注意が必要です。
めまい、激しい頭痛、急激な視力の低下、胸の痛み、意識の薄れ、体重増加、乳房が張る、乳房痛、吐気、乳がんや子宮がんが悪化するおそれあり。

男性が服用した場合(MTFの治療法)

プレマリンを服用することで、女性化が起こり、乳房を発達させます。

効果

乳房の増大、髪の毛や皮膚が女性化、肌の女性化、体脂肪分布、骨盤周囲の脂肪分布の変化、筋肉減少。

副作用

継続的に服用した場合に乳ガンのリスクが高まる。
喫煙は血栓症の危険性を高める要因となります。
手足の冷性。
性欲の低下。
情緒不安定。
腎臓結石や尿路 結石を作りやすくする。
肝臓が非常に弱くなる。
精子や精液が作られなくなる。
黄体ホルモン剤と一緒に長期使用した場合、乳癌、冠動脈性の心疾患や脳卒中などの危険性が高くなる。

プレマリンの注意事項

※プレマリン服用中は、長時間のフライトやドライブの予定がある時は水分を多めにとって、足の屈伸をして体を動かすようにする。
※前立腺肥大、腎臓病、心臓病、糖尿病などのある人は慎重に用います。
※プレマリンは医師の指導の元で服用すること。
※上記の症状(副作用)があらわれたら、すぐ医師に相談しましょう。
※手術の予定のあるときは、医師に報告しましょう。
※自己判断で輸入、服用するのは非常に危険です。

注 この記述は医師によるものでは無いため、内容の正確性を保証できません。

サイト内に記載されている情報に誤記や不備がある場合は、お問い合わせよりお知らせ下さい。
当サイトでは医療従事者の皆様のご協力を必要としています。