性同一性障害の様々な問題を専門医と一緒に解決していきましょう
  • line@
  • ツイッター
  • フェイスブック
  • アップ

フルオキシメステロン(ftm)

フルオキシメステロンとは、男性ホルモンが不足するのを補う作用、
骨髄(こつずい)での造血(ぞうけつ)いわゆる体内での血液が生成される作用をもつ薬です。

一般的にどんな場合に使用するお薬?

男性不妊症、男性更年期症、腎性貧血(じんせい)、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)などに応用される。

一般的な副作用

持続性勃起、陰茎肥大、睾丸萎縮、精液・精子減少、吐き気、吐く、食欲不振、肝機能値の異常、黄疸、発疹、むくみ、体重増加、脱毛、多幸症状

女性が服用した場合(FTMの治療法)

服用することで「第二次性徴、男性化」が起こり、女性らしい体格が形成される前や直前から服用すると、男性に近い体型・体格などになる可能性が高い。

効果

月経の停止、声変わりする、すね毛・胸毛・ヒゲなどの体毛が増える、身体の体脂肪率が下がり、筋肉質になる。

副作用

多くみられるのは、肝機能値の異常です。また、もともと心臓や腎臓の悪い人は、むくみや体重増加とともに、その病状を悪化させるおそれがあります。息切れや動悸などです。

フルオキシメステロンの注意事項

※前立腺がんのある人は使用できません。
※肝臓の悪い人も控えます。
※前立腺肥大、腎臓病、心臓病、糖尿病などのある人は慎重に用います。
※抗凝血薬のワルファリンの作用を増強することがあります。
※フルオキシメステロンは医師の指導の元で服用すること。
※手術の予定のあるときは、医師に報告しましょう。
※自己判断で輸入、服用するのは非常に危険です。

注 この記述は医師によるものでは無いため、内容の正確性を保証できません。

サイト内に記載されている情報に誤記や不備がある場合は、お問い合わせよりお知らせ下さい。
当サイトでは医療従事者の皆様のご協力を必要としています。