性同一性障害の様々な問題を専門医と一緒に解決していきましょう
  • line@
  • ツイッター
  • フェイスブック
  • アップ

身体の疲れの回復方法

質問

私は、夜の飲み屋で働いてるものですから、夜型人間で、体調管理がおろそかになるのですが、
美容外科でよく扱ってるニンニク注射やプラセンタは、どういった効果があるんですか?
他にもあれば教えてください。

回答

水谷和則

にんにく注射はアリナミンという成分の注射で、疲労回復効果が期待できます。
アリナミンというのは、いわゆる滋養強壮のドリンクに必ず含まれている成分ですが、ドリンクで飲むのと、直接注射するのでは、効き目は雲泥の差 です。

にんにくの成分がそのまま注射になったのかとよく誤解されるのですが、そういうことではなく、注射をすると鼻の奥に、にんにくのような臭気を感じることから、にんにく注射と命名されました。

プラセンタ注射は、プラセンタ、つまり胎盤から抽出されたエキスの注射です。
胎盤は母体と胎児をつなぐ役割をする臓器で、妊娠中は子宮の中に存在しますが、出産のときに胎児と一緒に体外にでてその役割を終えます。

日本人の胎盤を回収して、現在わかっている病原体(細菌、ウイルス)をすべて除去して、胎盤の薬効成分だけを抽出したものが胎盤注射(プラセンタ注射)で、国内ではラエンネックなどの製品として流通しています。
胎盤の薬効成分のすべては明らかではありませんが、胎盤は若返りや美容健康に役立つ成分の宝庫と言われており、注射を受けた人は一様に、元気になった、肌がきれいになったといった実感を持たれています。

プラセンタは安全な注射ではありますが、唯一の懸念が狂牛病です。
狂牛病の病原体はプリオンという物質であることが分かっており、狂牛病になった人の血液な臓器に含まれていますが、これを取り除く方法がまだ確立されていないため、狂牛病の人の胎盤が万が一原材料に含まれていると、プラセンタ注射にプリオンが含まれて感染する可能性があります。
このため、プラセンタ注射を一度でも受けたことがある人は献血はできないと日本赤十字社から指摘されています。
ですが、狂牛病は日本国内での感染例がまだありませんので、今のところは問題はないだろうという考えが一般的です。

ガイド
水谷和則
銀座みゆき通り美容外科

更新日:2017/06/26
公開日:2013/05/29