性同一性障害の様々な問題を専門医と一緒に解決していきましょう
  • line@
  • ツイッター
  • フェイスブック
  • アップ

「インタビュー」豊胸手術で道が開けた『20歳MtF』はるさんの濃いお話が刺激的でパワフル!

16歳で豊胸手術を決意し、20歳で女性らしい胸を手に入れた、はるさんの豊胸手術するまでの道のり、その後の生活を聞いてきました。

ハルさん

はるさんの簡単なプロフィール
🌸年齢は20才(2017年時点)
🌸mtf「身体と心の性別が一致していない状態を指し、身体が「男性」で心が「女性」をMTF(性同一性障害、GID)と言います」
🌸17歳から女性ホルモンを開始。

豊胸手術の決意をした理由

豊胸手術を決意した理由

── 豊胸したいと思ったきっかけは、なんですか?

はるさん「実は、谷間が見える服が着たくて、豊胸手術を決意したのがはじまりでした。」

── セクシーファッションがお好きなんですか?

はるさん「歌手のアリアナ・グランデさんみたいに、可愛いファッションが好きで真似をしていましたが、
胸がない私には、服も似合わなくて、すごく胸にコンプレックスがありました。」

── ファッションも女子力をアップしてくれる、一つのアイテムですもんね。

はるさん「そうなんですよ、女子力は外見のファッションで決まるので、妥協は絶対にしたくなかったんです。」

── 豊胸手術を最近したとのことですが、金銭面の対策はどうされたんですか?

はるさん「実は、16歳からバイトを始めてまして、週3日の4時間バイトで頑張ってお金をコツコツ貯めてました。
ためたお蔭で、豊胸手術ができたんです。」

── えーすごい!16歳って事は、まだ学生さんですよね?

はるさん「はい、学生でした。学校が終わってすぐバイトに行ってましたよw親に迷惑をかけたくなかったので、学校では一生懸命勉強をして成績を落とさない条件でバイトをはじめたんです。
最初は、勉強とバイトを両立するのは大変でしたけど、慣れると以外にいけちゃいます。」

豊胸手術について調べた方法

豊胸手術について調べた方法

── 学校とバイトを頑張りながら貯金してたなんてすごいですね。豊胸手術情報はどう調べたんですか?

はるさん「豊胸手術の情報調べに、すごく時間がかかりましたよ。涙
普通にインターネットから検索をして、一つ一つの美容外科をチェックしていきましたね。
でも調べれば調べるほど、私に合う豊胸手術ってなんだろうって思って、悩みがどんどん膨れてったんです。」

── あらゆる所に情報が溢れているから、悩むのは分かります。調べた期間はどれぐらいでしたか?

はるさん「一年半かかりましたー。(爆笑) みんなどうしてるんだろうって思って、ネット検索で、”mtf 豊胸手術” “GID 豊胸” “ニューハーフ 豊胸手術”など、いろいろネットサーフィンしてたら、
GID専門家ガイドを見つけたんですね。悩みに悩んでいたので、思い切って聞いてみようと思ったんです。」

── いやー、一年半は大変でしたね。学校とバイトの両立で、時間もない中で調べてたのは大変なことです。

はるさん「大変だったけど、少しでも早く女子力をアップと言うか、自分らしい身体を手に入れたい気持ちが強かったんです。」

ご家族の反応

── 意志が強かったんですね。豊胸手術をする事は、親に相談されたんですか?

はるさん「両親には、ちゃんとお話しをしました。もちろん理解してくれるのは簡単な事ではなかったけど、ジェンダーのDVDを見せたり、
お父さんお母さんは罪悪感でいっぱいだったんだけど、親のせいで、mtfで産まれたなんて一度も思ったことないし、
それより産んでくれた事に感謝でいっぱいだよって、親に説明と言うか理解をしてほしかったんです。」

── 両親に理解してもらうために、いろんな方法で説明をされたんですね。たしかに、私の親も「ごめんね」って言われた事がありますが、親にはなんの罪も謝られる事はないですよね。
はるさんの言う通り、今の親に産んでくれて本当感謝ですよ。こうやっていろんな経験や体験ができる事が感謝です。

 

はるさん「そうですね毎日感謝ですw
嬉しかったのは、豊胸手術当日にお母さんも付いてってくれたんです。本当に嬉しかったー!!」

── わかります。大事な手術の日に親が付添ってくれると、なんだか安心しますね。

GID専門家ガイドとの出会い

── そうそう!お聞きしたかったんですけど、豊胸手術をする上で、いろんな豊胸施術方法がありますが、はるさんが選んだ施術内容を教えてください。

はるさん「田舎に住んでいた事もあって、なかなかいろんな美容外科へカウンセリングに行くのは、交通費の面でも難しかったので、
そこで、GID専門家ガイドがやっているサポートを利用しました。
GID専門家ガイドのサポーターさんに、私がなりたい胸や、当時の胸写真、施術希望時期を詳しく伝えました。」

── 少しでもお役に立てれて本当に嬉しです。

行き着いた施術内容

はるさん「いえいえ、こちらこそ。サポーターさんから、複数の先生からの提案が届いた時は本当に嬉しかったです!!
だって私一人じゃ、こんなに情報収取できなかっただろうし、バイトや学校で時間がない状態でしたもん。
先生方の提案の中から、豊胸インプラント、脂肪注入豊胸と言う手術が気になったので、GID専門家ガイドサポーターさんにカウンセリング予約をお願いしました。」

美容外科へカウンセリング

美容外科へカウンセリング

── 豊胸インプラントと、脂肪注入豊胸を提案されたクリニックは別々でしたが、カウンセリングはどうでしたか?

はるさん「最初は、豊胸インプラントを提案された美容外科へ行きました。
シリコンバッグは固くなるイメージがあったけど、先生の説明で、最新のシリコンは、シルク肌で自然な柔らかい胸になる事も分かったし、
大胸筋の下にシリコンを入れるか、大胸筋膜下に入れるかで柔らかさも変わる事も初めて知りました。」

── 疑問に思ってた事が解決できて本当によかったですね。脂肪注入豊胸を提案された美容外科はどうでしたか?

はるさん「こちらの先生も丁寧に説明をしてくれました。脂肪注入豊胸のメリットとデメリットを教えてくれましたよ。
メリットは、私のお尻やお腹回りの脂肪を、胸に注入するので免疫反応の問題もなく、脂肪なので、すっごく柔らかい胸が手に入るけど、
運動をしすぎると、注入した脂肪が、ちょっとずつ燃焼しちゃうデメリットがあるみたいですね。でも身体の余分な脂肪が無くなるは嬉しいです。」

── 女性ホルモンで、脂肪が付きやすい体質になるので、脂肪注入豊胸も魅力的ですね。

はるさん「そう。ボディーラインがキレイになるなら、脂肪注入豊胸もいいなーって悩んだんですけど、迷って悩んだ結果、豊胸インプラント手術を受ける事にしました。
私の場合は、柔らかいだけじゃなく、外国人風の胸に憧れていたと言うのもあったので、グラマラスな胸にしようって思って、豊胸インプラントに決めたんです。」

施術当日

手術当日

── はるさんに、ぴったりな美容外科が見つかって本当よかったです。いよいよ次は手術ですね!手術当日はどんな気持ちでしたか?

はるさん「もおお、緊張でいっぱいでしたよ。でもやっぱり嬉しさが勝ってましたね(笑)
手術前日の飲食は控えることだったので、余裕とおもってたけど、嬉しさのあまり…寝れないどうしよって思って、お母さんに寝ないとダメだよって言われたんですが、もう寝れないーw
寝れるように、リラックスできる音楽を流しながら、やっと爆睡できましたw 
手術当日は、もうハッピーで早く先生に会いたいって気持ちで家から出発したんですよw」

── 手術前日は、誰もが通るワクワク感と緊張がありますよね。当日先生に早く会いたいって面白いですね。
手術当日に持って行ったものはありますか?

はるさん「あっ!準備した物はあります。手術後に着替えやすい服装と、ミニタオル、マスク、ミネラルウォーター、さっぱりしてくれるフェイスミストをカバンに入れて持って行きました。
後は、こけないようにヒールじゃなくてスニーカー履いて行きましたねw
手術直前に、先生から頑張りましょうねって言われながら握手をしてくれの覚えています。先生の手がとってもポカポカしてて、安心して手術にのぞむことができました。」

施術後のアフターフォロー

── しっかりと準備されたんですね。たしかに手術後に着替えやすい服は用意したほうがいいですね。手術後はどうでしたか?

はるさん「手術後は、気がついたら手術も終わっていて、別の部屋にいました。
ちょっとしんどかたけど、先生や看護師さんが優しくしてくれて、大丈夫だよ。と言ってくれて安心して、ちょい寝しちゃいましたw」

── 手術後の胸はどんな感じになってました?

はるさん「胸から背中にかけて、包帯で巻かれていたので、胸の形は見れなかったんです。
実は、少し大きめのEカップの胸が希望だったので、胸の重みを感じましたね。」

手術後で大変だった事

── その後は、どうやって帰られたんですか?

はるさん「先生に痛み止めをもらった後に、お母さんが待合室で待っててくれてたので、一緒にゆっくり車で、家に戻りました。
車の中で、感動のあまりか、おもあわず号泣しちゃいましたw
後、寝る時がやばかったですw」

── え?寝る時どう大変でした?

はるさん「寝る時、あお向けで寝れないんですよ!あお向けで寝ようとしたら、胸が痛みだして、すぐに痛み止めを飲んだんですが、その日は背中に枕3、4個はさんで、
ほぼ座った状態で寝ました。でも次の日は、痛みも和らいで気持ちよく起きれましたw」

── 座った状態で寝れたなんて、すごいですね。他に、日常で大変だった事はありましたか?

はるさん「手術後数日間だけ、すごい大変な事はいっぱいありましたよ。
例えば、トイレの便器に座る時は、壁にしがみつきながら座って済ませてましたね。後、物を拾いたい時、胸に重みがきて痛み出たりしましたね。」

── 包帯取ったのは手術から何週間後でしたか?

はるさん「たしか、手術日から2週間後ぐらいに、先生に包帯を取ってくれました。早く胸が見たいワクワク感で朝から興奮状態でしたよw
先生が胸の状態を確認してくれて、何も問題なく順調でキレイな胸に仕上がってて嬉しかったんですww
先生に言われたのですが、すぐにブラジャーは付けないほうがいいみたいですね。取り外し可能なバストバンドで、圧迫を継続するように言われましたね。」

── ブラジャーするのは何ヶ月後になるって言われたんですか?

はるさん「手術後3~4ヶ月は、ワイヤー入りブラジャーを着けるのは控えてねって言われましたね。
もしブラジャーを着けたい場合は、スポーツブラや柔らかいタイプの物を使うと良いよって言われました。
後、大事な事も言われました。私タバコを吸わないんけど、喫煙している人は、血液の循環を悪くしたり、傷の治りが悪くなってしまうので、手術後2ヶ月間は禁煙してくださいって言われました。」

── そうなんですね。貴重な情報ありがとうございます。しばらくの間は禁煙にしないと、細菌がついて感染を引き起こす原因にもなりますので、タバコを吸う人は要注意ですね。

生活環境の変化

── その後、生活はいかがですか?豊胸してから、なんか生活環境の変化はありましたか?

はるさん「3か月間ぐらい、胸はむくんでたけど、それも少しずつ落ち着き始めましたね。あお向けで寝れるようになりましたが、寝る時は、取り外し可能なバストバンドを着けて寝てます。
ファッションも少しずつ楽しめるようになってきましたよおお!」

── よかったですね。これからも、もっともっとファッションを楽しんでくださいね。

はるさんから、みんなにメッセージ

インタビューを見てくれている方へ

── 最後に、インタビューを見てくれている皆さんにメッセージをお願いします。

はるさん「はい♪インタビューを見てくれている皆さんありがとうございます。
私は、本当に豊胸手術してよかったなって思います。なんか自分に自信がついて、友達からも”はるちゃん、毎日元気だね!しかも女子力アップしてて羨ましい!!”って言われますw
夏は、今までプールに行くの避けてましたが、今ではビーチでビキニデビューもできました♪本当に以前の私ができなかった事を、今楽しんで生きてます♪
ファッションも以前の何倍も楽しめるようになりました。私の夢はアリアナ・グランデさんのバックダンサーになる事ですが、最近ダンス教室にも通い始めて、ちょっとずつ夢に向かって頑張ってます💕
また、お金が貯まったら、目の二重整形も考えてまーすw」

── はるさん、海でビキニデビューもされて、バックダンサーの夢に向かって頑張ってる姿素敵!これからも応援しています!貴重なインタビューありがとうございました。

まとめ

いやー、濃いインタービューでしたね。可愛いファッションしたいけど胸の悩みがきっかけで豊胸手術を受けた、はるさん。
今では、自分に自信がついて、夢に向かって毎日頑張っている姿が素敵ですね。

インタビューを読んで下さった皆様、本当にありがとうございます。
😉ご自分の道のりや、経験を記事・インタビューで伝えてみませんか? ボランティアに関するお問合せは、GID専門家ガイドにご相談ください。

💡新着記事のお知らせは、公式サイトを含め「twitter」「facebook」からも発信しています。
多くのGIDの方に見てもらえるよう、リツイートやシェアをして頂けると幸いです。

更新日:2017/07/04
公開日:2017/06/22